logroate 2012 年 12 月 29 日

■/etc/logrotate.d/

各ログファイルの設定は、/etc/logrotate.d 以下に各サービスごとに別ファイルに記述される。

# ls /etc/logrotate.d/
acpid httpd munin-node psacct syslog yum
conman mgetty named rpm vsftpd.log
cups munin ppp snmpd wpa_supplicant

zendエクセプション系のログも肥大化するので、ローテーションさせる。
/etc/logrotate.d/zend
というファイルを作り(もしくはhttpdからコピー)して、設定する
# vim /etc/logrotate.d/zend
1 /var/log/httpd/*log {

1 /home/<プロジェクト名など>/log/*log {

■ログローテートの実行
# /usr/sbin/logrotate /etc/logrotate.conf
# cat /var/lib/logrotate.status
“/home/<プロジェクト名など>/log/tp.log” 2012-12-28
“/home/<プロジェクト名など>/log/tp_trace.log” 2012-12-28

■テスト
/var/lib/logrotate.status を編集して実行前の状態にしておきます。

# vim /var/lib/logrotate.status
“/home/<プロジェクト名など>/log/tp.log” 2012-12-27
“/home/<プロジェクト名など>/log/tp_trace.log” 2012-12-27

ログローテートの再実行
# /usr/sbin/logrotate /etc/logrotate.conf

■cron による定期実行
# cat /etc/cron.daily/logrotate
/usr/sbin/logrotate /etc/logrotate.conf

※参考 http://linux.kororo.jp/cont/server/logrotate.php

関連する記事:

Leave a Reply