MUNINインストール(centos) 2012 年 12 月 13 日

■環境の確認
# cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.3 (Final)

# uname -a
Linux ****.jp 2.6.32-279.1.1.el6.x86_64 #1 SMP Tue Jul 10 13:47:21 UTC 2012 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

CentOS6.3にMUNINを導入するにはEPELリポジトリを追加する必要があります。
以下のページにアクセスし、「Packages」の下にあるepel-release-6-7.noarchのリンクURLをコピーする。
http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/i386/repoview/epel-release.html

サーバに保存
wget http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/i386/epel-release-6-7.noarch.rpm

インストール
rpm -ivh epel-release-6-7.noarch.rpm

EPELを追加したら有効にしてmuninとmunin-nodeをインストールします。

yum –enablerepo=epel -y install munin munin-node

インストールしたら/etc/munin/munin.conf と/etc/munin/munin-node.conf
を設定します。

vim /etc/munin/munin.conf
99行目
[ホスト名]

vim /etc/munin/munin-node.conf

28行目
host_name ホスト名

次にディレクトリの設定を行います。今回はLAN内からのみアクセス可能にします。
vim /etc/httpd/conf.d/munin.conf

Order Deny,Allow
Deny from all
Allow from 127.0.0.1 192.168.1.0/24

ベーシック認証の設定
cd /etc/munin/
htpasswd -c munin-htpasswd 任意のユーザー名
New password: 任意のパスワード
Re-type new password: 任意のパスワード
Adding password for user 任意のユーザー名

/etc/init.d/httpd restart

/etc/init.d/munin-node start

chkconfig munin-node on

関連する記事:

Leave a Reply