iPhone 自動ロックの禁止idleTimerDisabled 2009 年 8 月 16 日

時計を表示するアプリケーションでは、ユーザの設定した時間が過ぎると
自動的にスリープ状態になってしまう。
アプリケーションを起動したままの状態を保つには、、*.mのviewDidLoadに以下を記述することで、スリープに移行することを防ぐことができる。

PHP
UIApplication *application = [UIApplication sharedApplication];
application.idleTimerDisabled = YES;

上記の処理をするとアプリが終了してもスリープが起こらなくなるので、アプリの終了時には必ず戻す。

PHP
[UIApplication sharedApplication].idleTimerDisabled = NO;

関連する記事:

Leave a Reply