secure.softbank.ne.jp ソフトバンク端末でオレオレ証明書 2009 年 1 月 15 日

ソフトバンク公式化の為にキャリアチェックを受ける必要があった。
サイト内で個人情報が表示される箇所はHTTPS通信にしているのだが、
テスト環境にまで本物SSL証明書を使う余裕がないということは
往々にしてありがちなケース。

既に公開済みのサービスなので、本番でSB公開前なのに
キャリアチェックの為にSB公開するわけにも行かず、
やはりテスト環境でチェックを受けるのだが、
SB端末はオレオレ証明書(認証機関の署名なし)で
動くよ!?という根拠ない情報を信じて突っ走ってみたら
見事にはまった。

HTTPからHTTPS通信が開始される際に、必ずsecure.softbank.ne.jpを中継する仕様のよう。
※2009年1月13日情報(ソフトバンクはURL変わる可能性高し)
https://creation.mb.softbank.jp/web/web_ssl.html
——————-
https://www.foo.com/bar.html というURIはGWにて
https://secure.softbank.ne.jp/www.foo.com/bar.html と変換されます。
——————-
URLを直打ちすると、secure.softbank.ne.jpを経由しないで接続できるので
エラーが発生したページのURLからsecure.softbank.ne.jpを削除したURLでアクセスすればOK。
それ以降は、SSL領域から出ない限りはページ遷移は可能です。

やはり本物SSL証明書を入れて欲しい。

関連する記事:

Leave a Reply